蜂須賀五郎

人生を変える体験方ブログ。でも無理はしません。

部屋の整理をするといいこと尽くめらしいので、実験してみます。

皆様こんにちわ! 蜂須賀です(85 (@pata198900) | Twitter

あまりにも部屋が片付いてなかったので整理しようと踏み切り、どうせならどんな効果があるのか調べてみました。

f:id:hide07312:20171020170752p:plain

 可愛い子ですね!

 

はい、それはさておき、

皆様は、自分の部屋の整理はできているでしょうか?

いざ、部屋を整理しよう!と思っても、

 

「物が捨てられない」

「必要なものと、そうでないものの区別がつかない」

「面倒くさい」

 

などの理由で、なかなか整理ができない方が多いのではないでしょうか?

整理が上手くできなかったり、面倒くさくてやらないままだと、

 

「お金が貯まらない」⇦これは整理をしないとわからない。

「時間を無駄に使う」

「精神的に負荷がかかる」

 

という悪い結果を招いてしまいます。

これは、僕も全く一緒で、探し物がなかなか見つからず、時間を無駄に使ってしまい、結果としてストレスを溜めてしまうことが多かったりします。こういうのは、探したらもっと見つかると思います。

 

f:id:hide07312:20171018011840p:plain

毎回この老人のようになってしまいます。

 

 

しかし、整理を行うことで、お金が増えて、時間が節約できて、ストレス改善効果があると聞きました。

 僕自身、こういう情報はニュースで見たり、人に聞いたことはあります。

ですが、「ほんとうなのかな?」と今のところは半信半疑です。(情報過多の時代のため、根拠を自分で見つけてから信用するようにしています。)

だから、実際に整理を行うことで、このような効果が本当に表れるのか、実験してみることにしました。よろしくお願い致します。

 

 

まだ、片付けを開始していないためプライベートなものもあるので、自分の部屋は絵で紹介させて頂きます。* 整理した部分は写真にて掲載させて頂きます。

 

*部屋の構図

f:id:hide07312:20171020132939j:plain

 

この部屋を整理することで、果たしてどのような効果があるのか楽しみです。

 

以下に、概要をまとめておきました。ご覧ください。

 悩み 

「物が捨てられない」

「必要なものと、そうでないものの区別がつかない」

「探すのに時間がかかる」

「自分の生活スタイルがわからない」

「集中できない」

「何事も面倒くさい」

 

検証

 

整理を行うことで本当に良い効果が表れるのかを実験する。

 

 

期待できる効果

 

「経済」

・自分の所有物が把握できるため、二度買いを防げる。

・お金が貯まる。

 

「時間」

・探す手間が省ける。

・掃除が楽になる。

・仕事や家事の処理能力があがる。

 

「精神」

・頭の中のメモリーを減らす効果があり、余裕ができる。

・物事に集中しやすくなる。

・満たされない心を改善でき、自分否定が軽減する。

・先延ばし意識の改善ができる。

・自分ルール。ライフスタイルが見つけられる。

 

 

 

 

*実証研究の記事

しばらくお待ちください。

 

悩める大学生必見! 出遅れた学生生活を僕はこうやって挽回した!

皆様は、大学でどのような生活をされていますか?

サークル活動やバイトに精をだしたり、イベントに忙しかったりといろいろだと思います。

僕の大学生活のスタートは散々で、新歓に乗り遅れてサークルに入れず、学校と家を往復するだけの非リア地獄でした。

そんな僕があることがきっかけで、仲間が増えて居場所もできて、人並み(言い過ぎかも)の大学生活を送ることができました。

おまけに、就活でもアピールポイントを何とか作ることができました。

今回は、そのお話をしようと思います。

 

 

 

題 絶望な大学生活からの脱出

大学時代、東京都府中市住吉町に住んでいました。一言でまとめると、とても田舎でのどかな町です。

僕の学生生活を変えてくれたラウンドワン府中本町店は、京王線中河原駅から、新宿方面に二つ隣の府中駅を降りて、南にしばらく歩いていくところにあります。

 

www.round1.co.jp

 

 

僕はそこで大学で知り合った友達とボウリングをするのが日課でした。

 なぜ、日課になったか?それには二つの理由が挙げられます。

 

1、入学後にあった新歓に乗り遅れてサークルに入れなかった

2、イベント事は非リアにとってハードルが高かった

 

そのため、友人たちと、どうにかして大学生らしい生活をしようとボウリングを始めたわけです。

 ボウリングをするために、初めて通った府中市街は、田舎っぺの僕にとって、とても華やかな街でした、そのため少し戸惑ったのを覚えています。でも、緑が多くて空気がきれいな街でした。

 無事にラウンドワンに着き、受付で申し込みを済ませてシューズをレンタルします。

そして、ついにボウリングデビュー!リア充への第一歩だ!と踏み出しましたが、僕はそれを見事に踏み外します。

開始して、2ゲームあたりから腕や指が悲鳴を上げ、スコアも100ぐらいと散々でした。とてつもなくダサダサなデビューで「こんなにできないのか・・・」と(笑)

おまけに次の日は筋肉痛で腕は上がりませんでした。

でも、すごく楽しかった!この感覚は覚えています。「これが遊ぶか!」とちょっとワクワクしました。

僕はそれから、また行いきたい!となり、友達を誘って行くようになりました。

最初は三週間に一回程度でしたが、いつの間にか、バイト以外の日は、ほぼ毎日通うようになりました。

当初は、ただ単に出遅れを払拭しようと始めましたが、いつの間にか友達と楽しくボウリングをすること、スコアが上がっていくことにハマってしまいきました。

時には指にまめができて、血を流しながらやった時もありました。苦行かよ(笑)

その成果もあって、スコアも234点まで上げることができ、就活の履歴書に堂々と特技ボウリング(最高得点234点)とアピールポイントを作ることができました。

また、最初の4人から10人ぐらいに仲間が増えました。もう、サークル扱いでいいっしょ?と非公認サークルも誕生しました。

そして最後に、

何よりうれしかったのは居場所ができたことでした。

 

 

 少し記事が長くなってしまったのでこれで失礼します。ありがとうございました。

本当の「ありがとう」を50個書くまで次の記事が書けない企画。26~50

 

26、公務員のおじさん:旅行

この人も就活がてらに参加したボランティアで出会った人だ。とてもフットワークが軽い人で、有給を使っては海外や国内の色々な場所へ1人で行っている。ボランティアで仲良くなり旅行することになった。この人と旅行をしたおかげで、旅行の考え方が新しくなった。旅行は観光スポットだけではない、そこの土地に暮らしている人たちと関わり、そこに住む人々と接することでしか味わえない経験をすることが旅行だという考え方だ。これを聞いたときに心から納得したし、この考え方がすごく好きだった。

 

27、家:逃げる場所がある

今思えば、居場所がなく孤独だった時、家の自分の部屋が居場所だった。その部屋で音楽や漫画などを読んで現実逃避をしたり、公務員の勉強もそこでしていた。どんなにつらくても自分の部屋には居場所があった。本当に帰る場所があるって素晴らしいと思う。もし自分の部屋がなかったら自分は今頃どこにいるのだろう。

 

28、幼稚園バスの運転手:特等席

幼稚園時代、送迎バスで幼稚園に行っていた。そのバスでは少し頭の禿げた、メガネをかけたおじさんが運転手をしていた。もうあまり記憶にないが、とてもかわいがってもらい、自分だけが特別に一番前の席に乗せてもらっていた。一番前に乗った特別な気持ち時や風景、おじさんの顔ははっきり覚えている。

 

29、ハローワーク:親身になって相談に乗ってくれた

公務員試験に失敗し、職を探すときにハローワークを利用した。そこで担当になってくれた男の人が職探しのほかにも悩みなど、いろいろ相談に乗ってくれた。そのおかげで、心強いと思えたし、無事に職に就くことができた。

 

30、音楽:歌詞に勇気をもらう

公務員試験がだめで落ち込んでいるときに、歌をきいて初めて泣いてしまった。それまでは歌詞を聞いてもなんとも思わなかったのに、不思議な体験をしたと思う。車の中でもいつもその歌を聞きながら「頑張ろう!」と思えた。よくTVで音楽を聴いて泣いた人の話があったが、事実だと初めて信じることができた。

 

31、友人:メールで救われる

公務員の勉強しているときは、完全に外界とシャットアウトされていて、誰にも相談や愚痴を言えずにいた。そんな時に友達からの「元気か?」という何気ないメールに救われた。そして、ご飯を食べながら相談に乗ってもらい旅行やら遊びにいろいろ連れて行ってもらえるようになった。今でも、ものすごく感謝している。

 

32、御飯:1日3食

これは説明不要で感謝してます。3食食べられることが当たり前だと思えてたことがすごいと思う。世界では飢餓で苦しんでいる人がたくさんいる。そんな人たちいる中で3食だけでなく、デザートや様々な食べ物が食べれることはとてもありがたいことだ。日本に生まれただけでもラッキー。本当にそう思う。

 

33、友達:こんな自分でも仲良く接してくれる

自分は性格が悪かった、いや今もそこまでよくない。そんな自分でも何人か友達でいてくれる人がいる。さんざん、迷惑をかけて怒られたりしたが、友達でいてくれることに本当に感謝している。

 

34、風呂入れる

少し潔癖が入っている自分は、お風呂に入れるだけでもありがたい。1日の疲れやよごれをすべて洗い流してくれる。お風呂から出た後食べる夕飯はうまいし、気持ちよく寝れる。こういう思いをさせてくれるお風呂には感謝している。

 

35、チャンスがあること

自分は、これまで自ら挑戦した成功体験がなくて、何をやるにも、どうせ成功なんてしないと決めつけて面倒くがるようになってしまった。だけど、それは自分が勝手に思い込んでいるだけで、自分次第でどうにでもなる環境にいる。そういう環境にいる自分はすごく運がいいと思う。挑戦できるのだ。

 

36、開発者:メガネがあること

自分はすごく目が悪い。小学校4年生からずっとメガネをかけている。現在、メガネがなかったら歩行もままならないくらいだ。メガネのおかげで、いろいろな景色が楽しめるし、日常生活を何支障なく過ごせる、メガネを開発した人にほんとに感謝している。

 

37、開発者:コンタクトレンズ

運動していて、ボールが見ずらくなってからコンタクトレンズにした。コンタクトレンズにしてから、運動してメガネがずれる心配がないし、なによりメガネがないほうがカッコいいと言われるようになった。だから、女性がいるときなどは、100パーセントコンタクトレンズにしている。開発者に感謝だ。

 

38、布団

僕は寝るのが大好きだ。 あったかい布団で寝る瞬間が一番幸せだ。 この幸せをありがとう。

 

39、ゼミ

法学部だった自分は、親族法のゼミに入った。このゼミに入ったおかげで仲が良い友人が増えただけでなく、飲み会でお酒の楽しさを少しわかるようになった。また、旅行やお泊り会など、今まで学生らしい生活をおくっていなかった自分にとって、とても楽しい日々を過ごさせてもらった。

 

40、トイレがウォシュレット

現在は当たり前のウォシュレット、僕が子供のころは和式便所、友達の家はボットン便所だった。このトイレのおかげでお尻を拭いた後のヒリヒリがなくなったし、とても清潔感を感じることができる。すごく感謝している。

 

41、両親:大学まで行かしてくれた

何にもやる気がなかった自分なのに、こんなダメな奴を頑張って働いて大学まで行かしてくれたことにものすごく感謝している。そのおかげで仲の良い友達が多くできたし、それなりに楽しむことができた。振り返ると色々やってもらっているのに勝手にあきらめていた自分がすごく情けない。

 

42、余命10年

読んで初めて泣いた小説。この小説を読んで、今が当たりまえじゃないこと、自分のやりたいことや居場所を見つける大切さ、自分と向き合うことの大変さなどをいろいろ学ぶことができた。現在の自分は、自分と向き合うため、そして居場所を探すために行動を起こしているがまだまだ甘いと思う。

 

43、コーチ:ボクシング

大学4年生の時に友達が誘ってくれた。最初は、格闘技ってだけで怖かったが、続けていくうちに、少しずつだが慣れてきて、コーチに「うまくなった」「根性ある」と言ってもらえた時はものすごくうれしかった。ボクシングをやろうと思った理由が、中学の時に根性がないと言われたのがずっとひっかかっていたため、だからこそコーチのこの一言はうれしかった。

 

44、大学の連れ:ボウリング

自分の数少ない特技のひとつ。初めてこれが趣味で!というものができた。スコアは最初100くらいだったが、練習をしてカーブを覚えたり、試行錯誤して練習して230点まで上げることができた。こういう誇らしいものは自分には数少ないのでとてもうれしかった。その時付き合ってくれた友達に感謝。

 

45、頑張っている人

TVを見ているとスポーツ選手やSASUKEなど、汗水ながしてやっている人たちがいる。それを見ていると、すごく勇気が湧くし、泣きそうになることがある。自分が頑張っている人って素晴らしい!と思える人間で本当に良かった。

 

46、良心がある

今まで、さんざん人に迷惑をかけてきた。でも、それを2度とやらないようにしようと思えるのは、この良心というものが、自分のなかに少しは存在しているおかげなのかもしれない。

 

47、耳の手術にお金を出してくれた

僕の耳は、左耳が全く聞こえなかった。聞こえないという事実と向き合うのが怖くて、大学まで言えずにいた。大学の時に、手術に踏み切った、手術代は20万円くらい。そのおかげで、完全ではないが少し聞こえるようになった。わざわざ出してくれた両親に感謝している。

 

48、職場の人たち:見捨てずに怒ってくれた

前の職場では、なんで自分はこんな何だろうとばっかり考えていた。そんな、くそ野郎相手にも見捨てずに職場の人たちは怒ってくれたり、相談に乗ってくれたり、話し相手になってくれたりした。今思えばとても恵まれていた。なんで自分はこんなくそったれな思考回路なんだろう。

 

49、公務員試験の協力

友人がわざわざ面接や論文対策に協力してくれた。結果としては失敗に終わってしまったけど、とても感謝している。

 

50、友達:旅行

自分は、なぜかわからないが自力で家から出ることができない。 だから、わざわざ旅行へ誘ってくれる友達にはとても感謝している。 いままで、佐賀県と東北、名古屋などいろいろなところへ連れて行ってもらった。そのおかげでとても楽しい体験ができた。

 

 

 

 何とか50個書き終わりました。前後半含めて自分なりにひねり出してみました。自分は想像以上にたくさんの人たちに助けられていると実感できたし、周りの人たちの人柄や、自分のことが少しだけですがわかった気がします。

 

ありがとうございました。

 

 

 ・1~25はこちら!

本当の「ありがとう」を50個書くまで次の記事が書けない企画。 1~25 - 蜂須賀五郎~旅立ちの日~