蜂須賀五郎

人生を変える体験方ブログ。でも無理はしません。

なぜ、恋愛が苦手な人がいるのか?あの日本の制度が原因だった。

こんにちわ!蜂須賀です。 なぜ恋愛が苦手な人がいるのか?それは、ある日本の制度が影響している。 僕自身、今まで恋愛が上手くいった試しがありません。 好きな人ができても話しかけられない。 二人きりになっても何をしていいかわからない。 嫌われないよ…

スポーツジムホリデイ! 1年間ジムに通ってみて感じたジム内や店員さんの雰囲気などを簡単に書いてみる。

こんにちわ!蜂須賀です。 私は、一年ほど前から、地元の沼津市にある沼津店|スポーツジム、フィットネスならホリデイスポーツクラブに通っています。 (引用:ホームページ) なぜ通おうとしたのかというと、その理由は運動不足と何もやることがないからで…

部屋の整理をするといいこと尽くめらしいので、実験してみます。

皆様こんにちわ! 蜂須賀です(85 (@pata198900) | Twitter) あまりにも部屋が片付いてなかったので整理しようと踏み切り、どうせならどんな効果があるのか調べてみました。 可愛い子ですね! はい、それはさておき、 皆様は、自分の部屋の整理はできている…

悩める大学生必見! 出遅れた学生生活を僕はこうやって挽回した!

皆様は、大学でどのような生活をされていますか? サークル活動やバイトに精をだしたり、イベントに忙しかったりといろいろだと思います。 僕の大学生活のスタートは散々で、新歓に乗り遅れてサークルに入れず、学校と家を往復するだけの非リア地獄でした。 …

本当の「ありがとう」を50個書くまで次の記事が書けない企画。26~50

26、公務員のおじさん:旅行 27、家:逃げる場所がある 28、幼稚園バスの運転手:特等席 29、ハローワーク:親身になって相談に乗ってくれた 30、音楽:歌詞に勇気をもらう 31、友人:メールで救われる 32、御飯:1日3食 33、友達:こんな自分でも仲良く接…

本当の「ありがとう」を50個書くまで次の記事が書けない企画。 1~25

こんにちわ! 今回は、誠に勝手ながら企画を自分で考えて、それを行ってみることにしました。 題して「本当のありがとうを50個書くまで次の記事が書けない」という企画です。 今まで、あまり考えてこなかった感謝をこれを機会に考えてみようと思ったことがき…

Gmailメールの断捨離。

断捨離とは捨てることを通して物と向き合い、心が取り乱される不要な「こだわり」をなくし、生活に調和をもたらそうとする思想だ。 まず、僕が メールの断捨離に踏み切った理由は以下の通りです。 ①いちいち受信に反応するのに疲れたこと。 ②確認したいメー…

「沼津市立少年自然の家」から「INN THE PARK」へ~生まれ変わる公園~ 

(撮影者:自分 偉人の銅像の代わりにこの丸い石が置いてあるらしい) 沼津市立少年自然の家。沼津市に住む人たちなら知らない人はいない公園。沼津市以外の人たちは今日知って頂きたいです! 家族で遊んだアスレチック広場。広場でキャッチボールや凧あげ、…

カレーライスが好きなので素人の僕だが、今日から記事を書くことにする

ステーキ屋がつくった牛肉カレー このカレー、ネプチューンの名倉潤さんプロデュース、お兄さんが経営のステーキなぐらが、らくてん堂という会社と共同開発で作ったカレーだそう。 パッケージは、すでに何代も続いているような老舗の雰囲気が感じられ、重厚…

小坂流加さんの小説『余命10年』 ~亡き小説家が遺した切ない恋愛ストーリー~ 

(引用:Amazon) 作品名:余命10年 作者:小坂流加 出版社:文芸社 受賞歴:第3回講談社ティーンズハート大賞(期待賞) www.youtube.com 今回紹介したい作品は「余命10年」 現在 、15万部を突破しており、非常に注目されている作品です。この文庫版は2007年…

「THIS IS US 36歳、これから」 キャストのプロフィール、インスタ、Twitterまとめ! 

(引用:海外ドラマNAVI) 放送局:NHK総合 放送時間:毎週日曜 午後11時~ (あらすじ) 誕生日が同じ36歳の男女3人。自分が演じる役に嫌気がさしているイケメン俳優、“脱肥満”を目標に努力する女性、幸せな家庭を築いているエリートビジネスマン。置かれ…

怖がりでも楽しめる怖い話~アメリカの地下鉄で~

ある男性がアメリカへ出張へ行った時の話だ。男性は出張先で仕事を終えて、夜ホテルのバイキングで食事をしていると突然、「こんにちわ!日本人ですよね?」と一人の女性に話しかけられた。その女性はジャーナリストをしているそうで仕事の都合で現在はアメ…

怖がりでも楽しめる怖い話~自分~

今回の記事では自分が経験した不思議な体験を二つ紹介します。 居間で・・・ 高校時代、友達と二人で自宅の居間で本当にあった怖い話という番組を見ていた。この番組は元SMAPの稲垣吾郎がMCをしていて、子供たちの「はい!五郎さん」や「イワコテジマイワコ…

怖がりでも楽しめる怖い話~赤いコートの女~

これはあるタクシー運転手が経験した話だ。そのタクシー運転手は、深夜山道を運転中一人の女性を乗せた。その女性は赤いコートを着た長い髪の女性だった。「お客さんどちらまで行かれますか?」とタクシー運転手いつもの調子で聞いた。「山を下ったすぐのと…