現実は妄想と不満に満ちている

妄想と不満。人生それしかない人って僕だけでしょうか?

安室奈美恵「太陽のseason」

こんにちわ!蜂須賀です!

 

 
太陽のSEASON

 

「太陽のseason」は1995年にリリースされ、61万枚のヒットを記録した作品である。

電子楽器を使用したダンスミュージックの一種でユーロビートだそうだ。

歌って踊るイメージの安室奈美恵にはユーロビートはぴったりだと思う。

感想としては、腹からしっかり声をだして、綺麗な声で歌う人だから耳当たりが心地よくてすごく良い。1000回くらいヘビロテしてしまったくらい癖になる曲。

 

そういえば!

この曲を調べてみてすごく驚いたコトがある。

それは、小室哲哉のプロデュースではないこと、そして歌い方や声が「Finally」と全く違うことだ。

作詞は鈴木計見、 作曲はHINOKY TEAMという人物である。

どちらも全く僕は知らない。有名な人たちなのかな?Wikipediaはないみたい。太陽のseasonがすごく良いので他にも何を作っているのか興味がある。

また、声や歌い方に関してであるが、僕はベストアルバム「Finally」で初めてこの曲を知ったので、これが自分にとっては原曲である。だからすごく驚いた。

歌い方から声色まで違うのでびっくりしたのだが、歌詞が大人びているせいもあってリリース時よりも今のほうが色気が出ていて素晴らしい曲になっている。

だから僕は断然「Finally」派だ!

 

 

太陽のseasonを聴くときの僕のおすすめは2012年の「namie amuro 5 Major Domes Tour 2012 ~20th Anniversary Best~」を観ることである!

 

 

 

www.youtube.com

 

このliveでは「太陽のseason」をアンコール時に歌う。残念ながらメドレーになっていて全部は聞くことはできないが・・・とてつもなく可愛いのだ!

安室奈美恵ってこんなに可愛かったっけ???」となること間違いなしである!

あまりの可愛さに食い入ってみることだろう!