好きなこと書く

認知行動医療で生活改善! 生活をする中での娯楽も書いていきます。 現在は安室奈美恵にはまり中。

リアップは低血圧の僕にとって危険らしい

自分は若干26にして禿げてきた。M字禿というやつだ。もともと自信がない自分にとって、失われていくものが多ければ多いほど破滅を感じる。

 

寄りかかっただけで崩れてしまう。後ろ盾を少しでも維持するために、agaから始まり、育毛シャンプーなど、いろいろ試したが、ある商品に落ち着いた。

 

それがリアップである。

 

最初に選んだ時、医療薬品というフレーズで選び、しかも第1類医薬品という言葉が響き購入を決めた。 どんなものかも知らずに! 馬鹿の極みか!とつっこみたくなるのだが。。。

 

「第1類医薬品」は、要指導医薬品第1類医薬品2類医薬品3類医薬品の中で二番目に危険という意味だった・・・

安全性上、特に注意が必要な医薬品ということらいしい。

たしかに、動機や目まいがした・・・

 

育毛剤はこの医薬品と医薬外品に分かれていて、リアップは医薬品に区別されている。それだけで盲目的に使ってしまった自分が馬鹿だ。

低血圧で、心臓そんなよくないだろ!

 

ちなみに医薬品=リアップ、カロヤンガッシュ

    医薬外品=その他

 

に分けられているらしい。

 

 

 

 

 

キングダムの実写どう思いますか?

漫画や原作ファンにとっては、実写映画ほど賛否が分かれるものもないだろう。

その理由として、原作が大好きだということ、そして、実写を行うにあたって皆、自分なりのイメージを持っているが挙げられるだろう、僕は実写が嫌いである。

 

そのような心情を掲げている僕のことなど存在していないかのように、また一つ実写映画が決定してしまった。それが、キングダムの実写映画である。

今まで、実写を観てよかったことがなく、観たらとてつもない失望感を感じるのではないかと不安もあるのだ。

 

その自分のイメージが崩壊しかねない実写映画がこれである。

 


映画『キングダム』本編映像

 

一瞬「ん?レッドクリフか」と思ってしまったがキングダムである。

予告編を見る限り、映画自体はすごくよくできている気がする。るろうに剣心のような映画になっていると安易だが予想している。問題はキャストである。

 


大人気漫画『キングダム』実写映画化に豪華俳優

 

主演は山崎賢人陸王に出演していたことでも同じ意味で、この人自体は嫌いではない。しかし、信を演じるには優しい顔すぎないか?予告編観て一瞬で客観的に観てしまった。

吉澤亮って誰だ? 大沢たかおって李牧じゃないのか・・・

とキャストの違和感はぬぐえないが、とりあえず撮る以上は頑張ってほしい!